過去問チェック その1

こんばんは。

 

昨日は学習スケジュールをすごくざっくりではありますが

立ててみました。

 

そのスケジュールの一番初めの工程である、過去問チェック

を進めていきたいなと思います。

 

今日は準備です。

 

まず、私が購入した過去問はこちら↓

 

2017年版中小企業診断士1次試験過去問題集

2017年版中小企業診断士1次試験過去問題集

 

 数か月前に書店で購入しました。

 

平成27年度、28年度と2年分の過去問と解答、解説が載っています。

 

なお、カバーに切り取りできる「受講券」なるものがついていて、それをはがきに

貼り、(封書でもOKのようです。)必要事項(名前や住所、メールアドレス等の情報)を記入して、出版社に送ると、オンラインでのログインIDやパスワードがメールで送られてくるそうです。

 

そのIDでログインすると、なんと過去、平成13年度から26年度までの過去問がダウンロードできるとのこと。これはうれしいですね。

 

後々活用できればと思います。

 

私が参考にしている受験ハウツー本では、最新年度の過去問に1度、目を通す事と書いてあります。

 

ですので、一通り解いてみようと思うのです。

 

学習もしていない、まっさらの状態でどのような感じで解けて、また一応点数がどのくらいになるか、このブログ内でご報告していこうと思います。

 

私の計画(11月から翌年7月までを1次試験の準備期間とするパターン)では、この過去問チェックにかけて良い時間は約1週間程度です。

 

1週間のうちに、7科目全部に一通り目を通す形ですので、一応1日1科目ペースとなりますが、実際の試験は1日目に4科目、2日目に3科目をこなす日程となっているので、その日程通りのペースで問題を解いたときの疲労度や感覚を体験しておく必要もあるのかなとは思います。

 

そういう実戦形式はとりあえずおいおいという事にして(超自分に甘いです!)まずは1日1科目、とりあえず試験の制限時間は少し意識しつつで進められればと思います。

 

実際に連続して7日間、1日1科目を消化していけるかどうかもわかりませんし、まずは時間の取れる時を見計らって、ちょっとずつ進めることにします。

今のところ、学習時間の確保についての現実味のある計画は立てておらず、進めながら感覚をつかめていけたらと、ゆるく考えておるところです。

 

目標は「10月中には過去問チェックを終わらせる」です。このペースでいけば、一応前倒しの計画となります。(無意味な前向きさでスイマセン。)

 

なお、過去問についてはとりあえず書籍にそのまま書き込むのも・・・と思い、28年度分の7科目の問題の部分のみ、コピーを取りました。

 

A4サイズで2ページ見開きをどんどんコピーしましたが、7科目で61枚のコピー枚数となりました。(見開きでのコピーですので、一部解答が入り込んだりはしています。)

 

なかなかの分量ですね。

 

せっせとコピーを取って、約15分ほどかかりました。

こういう準備にも時間や労力が意外とかかるものですね。

 

ちなみに、私は会社のコピー機を使用しましたが、(一応自分の会社ですので、その辺は割と自由がききます。)コンビニなどでコピーすると、意外とお金もかかりますよね。

 

お金を潤沢に使える方は過去問に直接書き込んでいって、必要に応じて書籍を再度購入というのもありかもしれませんが、一般的にはコピーを多用することになるでしょうね。この辺りはこのブログをご覧いただいている診断士試験の諸先輩方で何かよきアドバイスがあれば、ご教示いただけると大変ありがたいです。

 

独学で書籍購入だけでも意外とお金はかかるので、こういった準備の事も考えて、金銭的にも少し余裕を持った計画が必要かもしれません。

 

コピーだって、ちりも積もれば・・・ですもんね。

 

そんな感じで、過去問チェックの準備までは整いましたというブログでした。