読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学習時間の確保(その1)

こんにちは。

その1、その2と、記事が続くかどうかも定かではありませんが、今回は学習時間の確保について少し書いてみたいと思います。

 

先日ご紹介しました、私が現在読んでいる中小企業診断士試験に向けての本

 

中小企業診断士試験最短合格戦略バイブル―サラリーマンだからこそ合格できる!

 

↑この本の中に、推奨される学習時間が書かれておりました。

 

この本で推奨されていた学習時間は・・・1次試験まで1300時間、2次試験まで300時間 計1600時間とのことでした。

 

一般的には1000時間くらいは確保しないといけないのでは・・・との声もありますので、どうやっても1000時間は確保したほうがよさそうです。

もちろん、時間の問題だけではないのですが、一応の目安としたいと思います。

 

今年の試験(8月5日・6日だったと思います。)までに1000時間、うーん・・・どー考えても、どー考えても、どんなに考えても無理だと思われます。

 

だからと言って、あきらめるわけにはまいりません。 なるべく時間を確保することを考えたいと思います。

 

そこで、私がフツ―に生活する中で苦も無く確保できそうな時間をここ1週間の生活の中で意識して、なんとなく考えてみました。まずは現状の把握からですね。

 

ウィークデー・・・仕事が終わり社員が帰った後の職場での時間が1時間ほど確保できます。(というか、意識して確保しようと思います。)その後、自宅に帰って夕食後、今も自由時間的な時間が1時間はあります。

あとは通勤時間です。通勤手段は車です。片道1時間程度で合計2時間。

 

ウェークエンド・・・現状、昼間はもっぱら家族と過ごしています。時間を確保するとすればやはり夕食後、子供たちが寝てからの2時間程度です。

昼間に時間が確保できないわけではないと思うのですが、無理やり家族との時間を犠牲にすることは、今のところ考えていません。学習を進めていく中で心境も変化するかもしれませんが、今のところは・・・という事です。

試験まで時間がない中で、全然切羽詰まった感がありませんが、上記の時間をしっかりと学習時間に充てられたら、次のステップという事にしたいなと思います。

 

実現可能な目標設定をし、達成感を得てから、次に進みたいのです。

 

まとめると、ウィークデー4時間を5日間、週末が土・日の両日で4時間 合計24時間ですか。

1か月が4週と考え計96時間になります。

 

これくらいであれば、あまり工夫とかをすることも無く確保可能です。

 

試験まで残り3か月ちょっとと考えると、約300時間。1000時間には全然足りません。

 

また、通勤時間を学習時間と捉えていますが、車を運転しているので、できることがかなり限定されると思われます。

この時間を、どう有効に使うかもかなりネックですね。

 

ここから、少しずつでも学習時間が確保できるよう、工夫していければと思います。

学習し始めてみて、いろいろと見えてくることもあると思いますので、進めながら時間の捻出について、検討していきたいと思います。

 

学習時間の確保については、やはり、「その2」以降も続きそうですね。

 

また気が付いたときに記事にしていこうと思います。

 

では。