1次試験の試験科目について

1つ前の記事「本、読んでます。」で書きましたが、現在、中小企業診断士のハウツー本を読んでおります。

 

読み始めてまだ60ページほどしか進んでいませんが、頭出しは試験の概要等が示されていたので、1次試験の試験科目等の情報を得ました。

 

「経済学・経済政策」・「財務・会計」・「企業経営理論」・「運営管理」・「経営法務」・「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」の全7科目です。

 

科目合格制がとられており、60%以上得点できれば、科目合格のようです。

また、40%未満の科目があってはいけないようです。

7科目すべて受験する場合、合計420点以上をとり、なおかつすべての科目で40点未満が無ければ晴れて1次試験合格という事ですね。

 

科目合格には、期限があるようで、受けた年を含めて3年間有効とのこと。

 

例えば1科目は今年受かり、翌年6科目を受験する場合には、360点以上取り、なおかつ40点未満が無ければそこで1次試験合格といった感じでしょうか。

また、一度科目合格した科目を翌年以降受けることは可能ですが、その場合には科目合格した実績は消えてしまうようです。科目合格していて、翌年以降、高得点をとれる自信があれば、再度受け直すのもありってことでしょうか。

(間違いがあったら、どなたかご指摘いただけますとありがたいです。)

 

 さて、ズラッと7科目並べてみて、私が一応なじみがあるとすれば、「財務・会計」と「経営法務」でしょうか。

 

過去記事にも書きましたが、私は以前税理士事務所に勤務し、税理士試験に挑戦していた時期がありましたので、税理士試験科目である「簿記論」「財務諸表論」等、勉強しておりました。(簿記論、財務諸表論ともに合格していませんので、知識としてはかなり浅いと思います。)ちなみに、日商簿記検定は2級を取得しております。

 

ですので、一応触れているという意味では、「財務・会計」は比較的入りやすいですね。

 

あとは、税理士事務所勤務で、それこそ小規模な会社を担当させていただく事が多かったのですが、一応「経営法務」についても、少しだけはなじみがあるんじゃないかと、想像します。

また、今会社を経営しておりますが、会社設立時の定款作成や法務局への設立登記等、費用を節約したいというただただそれだけの理由で、何とか自分でやった過去があるので、そのあたりが「経営法務」にあたるとすれば、まぁ少しはかじっていることになるのかなと。

 

なにせ、今のところ「経営法務」という試験科目が、どのような内容かもわかっておりませんので、例えばちょっとテキスト等読んでみたら、ぜんぜんチンプンカンプンの可能性もあります。というか可能性大です。

 

上に書いた2科目以外は、完全に未知の領域です。大学は一応経済学部でしたが、経済の「ケ」の字もわからないまま卒業したといっても過言ではないくらい、本当に身についていることなどありません。

ですので、完全に「初めて学びます。」と言い切れます。(どうでもいい自信です。)

 

といった感じで、すこし理解があるとすれば「財務・会計」ってとこですね。それでも、税理士試験の勉強をしていたのは、かれこれ10年以上前とかになりますので、テキストなどを読んだときに、アレルギーを起こさない程度の蓄積でしかないと思います。

 

「財務・会計」の合格ラインが1メートル先にあるとしたら、1ミリくらい?は初学の方よりアドバンテージになっているかもしれません。

 

これは、テキスト等を読み始めてみて、手ごたえがあるようであれば、またブログ内で報告したいと思います。

 

そんな感じでしょうか。

 

ちなみに、私が現在読んでいる本はこちら↓になります。

 

中小企業診断士試験最短合格戦略バイブル―サラリーマンだからこそ合格できる!

中小企業診断士試験最短合格戦略バイブル―サラリーマンだからこそ合格できる!

 

中小企業診断士試験に合格され、活躍されていらっしゃる方々6名の共著で、パラパラっとめくった感じ、いろいろな体験談が書かれていそうで、いろんな人の意見を読んでみたほうが良いかな、面白いかなと思い、この本を購入しました。

 

いわゆる試験のハウツー本としては分厚く(380ページほどあります。)、読み応えがありそうです。

 

1日50ページの本読みを自分自身に課しましたが、この本を読み切るだけで、1週間くらいかかっちゃいますね。

やっぱ、ペースアップかなぁ。(当たり前でしょ! はい、突っ込みどころです。)

 

って思いながら、マイペースを崩さない私です。

 

まじめに早く本格的な勉強に取り掛からないといけません。

 

では。