本を読もうと思います。

こんばんは。

 

本日も連投です。

 

いきなりですが、私、小さいころから本を読むのが得意ではありませんでした。というか、本を読むことが嫌いでした。

 

「でした」と過去形にしたのは、今はさほど嫌いではないからです。

 

大学を卒業し、仕事をするようになってからは、必然性にかられ、本を少しずつ読むようになりました。

小さい頃や学生時代は、かなりいやいや読んでいた本なのですが、自分で必要性を感じてすすんで本を購入するようになってからは、なんというか、本を読むことの面白さというものが、少しだけわかってきたような気がしています。

(本屋さんに行くと、少し楽しい気分になるときもあります。)

 

それでも、無類の本好きというわけでもないので、読書家の方々に比べれば、全然量も読んでいませんし、はっきり言って、内容も頭に入っていないことが多いです。

 

ただ、昔嫌いだった本が、「読める」というレベルまでいった程度ですが、あれほど文字を読むという事が嫌いだった自分からすれば、かなりの成長です。

 

小さいころ、煮物とか、焼き魚とか、そういう食べ物が嫌いだったのに、今は「なんて美味いんだ」と思うようになったのと、似てるのかな? って、そんな感じです。

完全に40過ぎのおっさんの発言ですね。まぁ、その通りのおっさんなんで。

 

中小企業診断士試験に挑戦するにあたり、まずはウォーミングアップとして、関連するような本を読むことから始めてみようと思います。

また「形から」ですが。

 

まずは資格試験のノウハウ的な本から読もうかなと。

 

あと、やはりというべきか、本が苦手だった自分なので、読むスピ―ドが、めちゃくちゃ遅いと思います。

 

というわけで、1日の目標を50ページとしようと思います。

 

どんな本か、内容は別として1日に50ページ。 これくらいなら、苦にならず読めそうです。

 

あと、50ページ近く読んで、きりがいいところまでは読み進めるようにしようと思います。すなわち、50ページを超えて切りの良いところまでは読み切ろうという事です。

 

毎日、ブレずに続くかなぁ。 まぁ、少ないページなので、続くでしょう。と軽く、ゆるく決心です。

 

やってみて、余裕が出たらページ数を増やすなど、工夫をしたいと思います。

 

本格的な勉強に入れば、1日50ページの読書量では、とても足りないでしょうが・・・

(試験までの期間を考えれば、絶対に、絶対にそんなゆるいことではダメです。わかってますとも。)

 

最初から無理しても続きませんので、と言い訳がましく言ってみます。

 

そんなわけで。