読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

只今、諸々準備中です。

こんにちは。

 

ブログアップが少し滞ってしまいました。

 

やっと診断士試験のノウハウ本を読み終えたので、ノウハウ本に書かれていたおすすめの書籍等を本屋さんに見に行ったりして、購入したりしました。

 

本は、実際に手に取って少し見てみるのもよいものですね。

 

基本テキストに関しては、どの本であっても内容はそれほど大きく差がないとノウハウ本に書かれていたので、パラパラっとめくってみて直観的な見やすさとかを重視して選ぶのもありなのかなと思いました。

 

こんなことにあまり時間をかけていても時間がもったいないのでゴールデンウェーク前にはどんどんと学習に入れる体制を作りたいと思います。

時間の作り方とか、とにかく環境はだいじですね。

 

このゴールデンウィークを有効に使って、学習も波に乗せたいなと思います。

 

では。

本、読んでます。⑤ (読み終えました。)

こんばんは。

 

今日はブログを書くのが少し遅くなってしまいました。

 

仕事の関係で、こんな日もあります。

その日の仕事に早めに目処をつけることが、そのあとの学習時間の捻出にも大きく影響するので、効率的にサクサクと仕事をこなしたいものです。

 

さてさて、「本、読みました。」も5回目です。 ついに一冊の本を読破です。(パチパチ!)

 

読んだページ数・・・75ページ

かかった時間・・・1時間15分です。

 

ここまで本を読んできて、かかった時間やページ数を記録してきましたが、私の文字を追うスピードがなんとなくですが把握できたような気がします。

 

今回読んだ本も、あまり難しく考えず読めたという事はありますが、1ページ1分ペースですね。

 

1ページの文字数とかで読めるスピードは全然変わるとは思いますが、今回読んだ本もそれなりの字の大きさで、結構ぎっしり文字が詰まっている本でしたので、どんな本を読むときも、ちょっとだけ目安になりそうです。

すなわち、学習を進める際の時間の計画(時間の読み)に役立ちそうという事ですね。

 

話は戻って、今回読んだ内容は「2次試験攻略、試験当日や前日の過ごし方、資格取得後の活動」などでした。

 

まずは1次試験を突破することが大きな目標となるので、2次試験以降の事はおいおいで良いと思っていますが、1次試験当日(1日目と2日目の準備などなど)の過ごし方、準備の仕方など、参考になることは多かったです。

 

また、この本を通して、参考になるWEBの情報などは頻繁に出てきたので、そういう情報を自分で探し当てる手間が省けて良かったなと思います。

 

ネットでいろいろと探したりすると、全然関係ないページに飛んでしまって、そこで時間をつぶしてしまって、気づくと何時間も・・・・ってこともありますよね。

そんなことにならないように、この本の情報は大いに参考にしたいと思います。

 

とりあえず、本を読み切って、さあ、気合いれて勉強するぞ!となっているので、このままスーッと学習に励めればいいなと、思っています。

 

今日はそんなところでしょうか。 本を読み切った割には、本の内容について大した記事が書けていませんが、お許しください。

 

ちなみに、読破してみて、皆さんにもお勧めできる本なので、今一度ご紹介しておきます。↓

 

中小企業診断士試験最短合格戦略バイブル―サラリーマンだからこそ合格できる!

中小企業診断士試験最短合格戦略バイブル―サラリーマンだからこそ合格できる!

 

 中小企業診断士試験に興味を持たれている方、ハウツー本を読むなら、何冊も手を出さずに、この本1冊読んでみてください。

 

やる気になれます。

 

では。

本、読んでます。④

こんにちは。

 

昨日の記事に引き続き、本、読んでます。④です。

 

読み始めた時は、400ページ近くあるこの分厚い本を読み終えるのには相当時間がかかりそうだななんて思っていましたが、ここにきて、この本ももうそろそろ読みきりだなというところが見えてきました。

 

一応本を読もうと思い立ってから、土曜、日曜を除き、平日は毎日ちょっとずつ読み進めてきたので、あらためて継続することの重要性を感じております。

(って、数日本読んだくらいでこんな達成感を感じてる自分、どうなんだよ!って感じですね。)

まぁ、3日坊主にならなかっただけでも自分をほめます。

多分、このようにブログに書こうと思わなければ、疲れてる日なんかは確実に読んでないと思いますので、ブログの記事にすることが、ある意味自分への良いプレッシャーになっているのかもしれません。

これだけでも、ブログを書いている意味ありますね。きっと。学習を進めるにあたっても、なるべくブログを読んでいただいている皆さんへご報告ができれば良いなと思います。

 

さて、引き続き読んでいる本はこちらです。↓

中小企業診断士試験最短合格戦略バイブル―サラリーマンだからこそ合格できる!

 

読んだページ数・・・70ページ

かかった時間・・・1時間15分

 

です。ページ数は一日の目標として決めた50ページをサラッと超えました。まぁ、きりが良いところまで読み進めただけですが。

 

今回は、「1次試験攻略」が主な内容です。

ついに現実的に各科目の勉強の仕方などに触れられているところに来ましたので、読み進めるのにも少々気合が入りました。

 

私の場合独学ですので、どんな参考書類を購入したらよいかなど、事細かな説明やアドバイスが大変参考になります。

 

こういった、資格試験のハウツー本はいろいろと出ているので、どれも参考にはなりますが、いろいろと読んでしまうと何が良いのかわからなくなってしまいますので、私は今回読んでいる本のアドバイスになるべく沿う形で学習を進められればと思っております。

 

学習するにあたり、自分なりのぶれないルール作りができれば、うまくいくんじゃないかなと想像しています。

 

そのルールについては、なるべく今回読んでいる本の内容に合わせていきたいと思うのです。

実際に資格を取得されていらっしゃる方々の経験を基に執筆されている本なわけですからね。

 

これは、自分の意思がないということではなく、へそ曲がりな私なりの解釈として、良いものを素直に取り入れる気持ちを重視したいという事でしょうか。

 

まぁ、そんな感じです。

 

で、本の内容に戻りますと、全科目における時間の使い方、また、各科目の時間配分、科目ごと、どんなところを重視して学習を進めるかなど、具体的なアドバイスが盛りだくさんです。

今回読んだこの辺りの内容は、学習を進める都度繰り返し読んで、学習を進める順序など、常に参考にしたいなと思いました。

 

まず科目にかかわらず全体像として・・・

 

1、過去問チェック(全行程の2%)

2、基礎知識インプット(全行程の45%)

3、基礎アウトプット(全行程の24%)

4、応用アウトプット(全行程の24%)

5、弱点部分の見直し・強化(全行程の4%)

6、最終調整(全行程の1%)

 

という流れで進めましょうとのことでした。

 

(カッコ内のパーセンテージは1次試験に向けた全学習時間の内、どれだけ時間を割くかの割合です。)

 

実際にこの本の中では、前年11月から翌年7月までの36週間の想定で、その場合に実際に何週間かかるかなどの実例が出ていました。

私の場合にはもう全然時間がありませんので、スピードをもって対応していくように頑張ろうと思います。

 

次に各科目それぞれの時間配分、また、科目内の重点項目なども書かれていましたが、これらは学習を進める中で取り入れていければと思います。

 

どの科目にどれくらいの時間数をかけると良いかという目安も出ていましたが、「財務・会計」に多くの時間を費やすようなバランスになっていたので、少しだけ「財務・会計」に慣れのある私としてはそこがアドバンテージになっていくと良いなと、ここも自分に都合よく希望を持ちたいと思います。

 

あとはおすすめの参考書なんかも科目ごと、ずらりと並べられておりまして、専門学校に通われる方々は基本的に学校のテキストでという事になっていましたが、私は独学ですので、ガッツリと参考にさせていただきます。

 

また、参考書類の中に、中小企業庁のホームページ内で自由に閲覧できる「中小企業白書」や「中小企業施策利用ガイドブック」などがありましたので、早速スマホ内にダウンロードするなどの方法を取りたいと思います。

 

そんなところでしょうか。

 

こういった本を読むと、自然にやる気になるところが良いですね。

このやる気を継続できるよう、冷めないうちに学習に取り掛かっていきたいと思います。

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本、読んでます。③

こんにちは。

 

前回の記事に引き続きなのですが、本、読んでます③、すなわち本読み3日目についてです。

 

本読みは続けていたのですが、記事が追い付かず。

読んだ内容を忘れてしまうといけないので、記事にしておこうと思います。

 

今回は

読んだページ数・・・48ページ

かかった時間・・・30分

 

です。 1回の読書目標50ページを切ってしまいましたが、区切りが良かったことと、前回50ページを大幅に超えるページ数を読みましたので、今回は良しとしました。(超都合いいでしょ。)

 

読んだ本は引き続き、

中小企業診断士試験最短合格戦略バイブル―サラリーマンだからこそ合格できる!

 

です。

 

今回の内容は、主に「学習時間の作り方」と「モチベーションの維持」についてでした。

 

学習時間の捻出方法については、まずは現状把握から始まり、隙間時間の利用などなど、また、朝方・夜型のメリット・デメリットなどにも触れられておりました。

 

私の場合、現状の把握や学習時間の確保については過去記事で軽く触れましたが、学習時間について、「机に向かう(向かえる)時間」の確保が結構大切なように思っております。

 

と言いますのも、私の場合、結局学習時間として確保できるのは、細切れの時間、もしくは通勤時間などの集中できる環境にないことのほうが多いからです。

 

まぁ、細かいことを考えていても始まらないので、学習に取り組む中で少しずつ工夫していくしかなさそうですね。

 

また、モチベーション維持については、モチベーションを保つことの大切さ、維持の仕方について、こちらも事細かく説明、アドバイスがなされておりました。

 

私がモチベーション維持においてこれは実践したいなと思った内容は、「小さな目標と達成を積み重ねる」という事でしょうか。

 

性格的に飽きっぽかったり、すぐにあきらめてしまう悪い癖があるので、小さな目標を立てて、それを達成して達成感を得ることを、特に意識したいと思います。

 

後は、モチベーション維持の方法として「ライバルを作る」っていうのがありましたが、独学の人におすすめなのは、同じように中小企業診断士試験を目指す方のブログをチェックし、仮想のライバルとするとよい・・・とのことです。

 

私の場合はまさにこのパターンですね。

 

今年試験を受けることを目標とされている皆さんは、もうとっくに学習が進んでいらっしゃるでしょうから、そんな皆さんに負けないように、頑張らねばなりません。

 

他の方のブログチェックしすぎて、そこにかなりの時間を使っちゃいそうなので、要注意です。

 

スランプに陥った場合の対処法なども書かれていましたが、とりあえず、超短期間で学習を進めようとしている私がスランプに陥ることなんてあるのか・・・わかりませんが、そうなった場合に読み返すとよさそうな内容だったので、その際には今読んでいる本を頼ってみたいと思います。

 

っていうか、「スランプだー」とか言えるくらいに勉強しなきゃダメですね。

 

あと、モチベーション維持の方法の一つとして、文具にこだわるのもいいのでは・・・と書かれていました。

税理士試験に挑戦していたころにも、ずいぶんとペン類を購入しましたが、それなりのお値段のするものは書き心地も良く、使っていて気分が良いものです。

また、少し背伸びをして購入したペンなどは、すごく大切に使うので、結局のところコストパフォーマンスは良いのかもしれません。

私も、もう10年近く使っているペンがあります。

税理士試験に挑戦していたころからペン類が好きで、今でもよく文房具屋さんをのぞくのですが、すごくほしいなあと思っている万年筆があるんですよねぇ。

 

ちょっとご紹介。

 

 こちらです。

文房具屋さんで試し書きもさせてもらってますが、書き心地、非常に良いです。

そして、万年筆の敷居の高さというか、そういう感じがなく、普通のペンみたいな感覚で使える感じがgoodです。

 

ほしいです。非常にほしいです。これ買って、モチベーション上げて、学習に励みたいです。(っていうか、近々買いますね。間違いなく。)

 

少し脱線しましたが、楽しく学習を進めたいので、単純にモチベーションあげる方法としては、ありかなと。

 

 

そんな感じで。 では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本、読んでます。②

こんにちは。

 

先日、中小企業診断士試験に関するハウツー本を読んでみているという記事を書きましたが、その後その件に触れておりませんでした。

 

引き続き、本は読んでおります。

こちらの本ですね。↓

 

中小企業診断士試験最短合格戦略バイブル―サラリーマンだからこそ合格できる!

中小企業診断士試験最短合格戦略バイブル―サラリーマンだからこそ合格できる!

 

 分厚いです。

 

前回は60ページまで読みましたと書きましたが、2日目はちょっと多めに読みました。

 

読んだページ数・・・121ページ

かかった時間・・・1時間20分

 

50ページを1日の目標としていますが、50ページ読んだあたりで全然切りにならず、大きな区切りまで読もうと思ったら結局120ページほどを読み進める結果となりました。

 

内容としては、独学or専門学校や、試験までのスケジュール感、学習環境の整え方、衣食住について・・・などなど。

 

独学か、専門学校等を利用するかについては、チェックシートがついていました。

私は過去記事でも書いたように独学を選択しようと思いますが、人によって状況がそれぞれ違うと思いますので、試験に向けていろいろと迷われていらっしゃる方などには大変役立つ内容だと思います。

 

また、試験までのスケジュール感は、学習時間半年で目指す方、1年で目指す方、2年で目指す方など、パターンでスケジューリングの参考例が載っており、これも参考になりました。

 

特にスケジュールに関しては、4月からスタートする人のためのスケジュール感なども書かれていましたので、まさに!と思いましたが、このスケジュール感で挑戦するのは「公認会計士、税理士並みの知識を持っている人向け」と書かれていまして、まぁわかってはいるもののそんなに簡単じゃないことをここでも痛感という感じです。

 

でも、4月から学習をスタートする人向けのスケジュール感が本に書かれているってことは、挑戦してもいいんだよねと、ここも都合よく元気づけられたのでした。

(かなりのマイペースですが、良しとしてください。)

 

学習環境の整え方についてや衣食住についてなども、事細かに参考例が書かれていました。

特に学習環境に関しては、家族持ちの方の場合の奥さんやお子さんへの配慮など、詳しく例が書かれていて、なるほどねと思う部分が多かったです。

 

それこそ個人個人で環境が違うと思いますので、この本に書かれている参考例がどんな方にも当てはまるとは限りませんが、考え方とか、部分的にできることを取り入れるという意味では、すごく参考になると思います。

 

また、学習するにおいて、おすすめの文具や電子機器の紹介もされていました。

 

bt-tiger.hatenablog.com

 ↑昨日書いた記事で私も触れましたが、iPhoneによるポッドキャストの利用も勧められていて、中小企業診断士試験の学習に役立ちそうなポッドキャストについても触れられています。

気になる方は、上でご紹介した、私の読んでいる本を読んでみていただければと思います。

 

なお、おススメ電子機器の中で私が興味を持ったのがこちら↓

 

コクヨ 電子単語カード memoribo W メモリボ ダブル NS-DA2DM

コクヨ 電子単語カード memoribo W メモリボ ダブル NS-DA2DM

 

 電子単語カードですね。

 

いろいろと種類があって、値段も様々ですが、意外とお手頃価格のものもあったので、隙間時間の利用や暗記物に良いかなと思いました。

 

まずはQ&Aを作成するにあたり、自分でパソコン等で入力したりする手間はかかるかもしれませんが、単語カードを手書きして持ち歩くことを考えれば、電車の中で見ていても紙に書いた単語カードに比べて露骨さもありませんし、スマートな感じがしますよね。

 

ずいぶん昔からあるもののようですが、私はこういった機器の存在を知らなかったので、なんか新鮮でした。

 

また、本の内容からすると順番は前後しますが、お勤めの方の場合、自分の勤務する会社に試験を受ける旨を宣言するかしないかのメリット、デメリット等も書かれていました。

これも個人個人の環境によるところが大きいと思いますので、難しいところですよね。

 

家族に対してもそうですし、会社に関してもそうですが、協力してもらえる雰囲気があるのであれば、間違いなく宣言すべきであろうとは思います。

 

 

bt-tiger.hatenablog.com

 私の場合は過去記事↑で書いておりますので、お読みいただけるとありがたいのですが、個人個人の様々な事情がある中なので、私のように自分に都合よく考える人もいるんじゃないかと思います。

 

何はともあれ、診断士試験に挑戦し、合格を勝ち取るという目標は皆さん同じだと思います。

 

共に頑張りましょう。 では。

 

 

 

 

 

 

学習時間の確保(その2)

こんにちは。 昨日に引き続き、学習時間の確保について検討しています。

 

bt-tiger.hatenablog.com

 その1では、現状フツ―に生活する中で確保できそうな時間を検討しました。

 

まだまだ、時間を作る余地はあるような気もしますが、まぁおいおいという事にして、本日は、昨日の記事の中で勉強時間として取り上げた、通勤時間についてです。

 

私は車通勤をしておりまして、片道約1時間から、特に朝は渋滞があるので、1時間半程度の時間を費やしております。

 

この時間を学習時間に充てない手はないだろうという事ですね。

 

ただ、運転しているので、できることは本当に限定されてしまうと思います。

 

そこで、現状でどのように時間を使うか、いろいろと考えてみていまして、なんとなくこんな感じがいいかなと思ったのが・・・

 

1、iPhoneポッドキャストを聞く

 

最近はスマートフォンとかが非常に便利に使える時代になりました。(っていつの時代の人間だよって感じですが。)

そういうものを使いこなさない手はないですよね。

そこでポッドキャストを聞くっていうのはどうかなと思ったわけです。

 

ポッドキャストで「中小企業診断士」で検索すると、いくつか出てくるんですけど、とりあえず勉強にまだちゃんと手がついていない自分には、何を聞いたらいいのやらわからず・・・・といった感じで、どうも前に進めません。

 

その中から2.3聞いてみたのですが、今のところ、学習内容が把握できていないこともあり、少し聞き始めたら、なんか集中して聞いちゃうっていうか、内容を頭に入れようと必死になってしまうんですね。

運転しているので、ポッドキャストの内容にあまりにも耳を傾けすぎて、運転の妨げになるのは危ない気もします。

 

ってわけで、今のところ現実的ではないのかなと。参考程度に聞き流せるようであれば有効かもしれませんが、それでは学習時間とは言えないような気もして・・・

 

 

2、自分で、スマホなどのボイスメモ機能を使って暗記物などを録音し、ひたすらリピート

 

今、有力候補はこれです。 暗記が嫌いな私としては、暗記物をいかに攻略するかが一つのカギになってくると、現時点では想像しております。

 

ただ、ボイスメモ自体を準備するのにそこそこ時間がかかってしまいそうですね。

10分程度のボイスメモを作成し、1時間で6回転。まあまあですかね。

そもそも、きちんと暗記できそうな内容で録音しないと、無駄になります。

そこが確立するまで、わりと試行錯誤が必要かもしれません。

 

そんな試行錯誤をしていると、少しずつ内容が頭に入るかもななどと、都合よく考えてるんですが、どうなんでしょうか。

 

実際に、自分の声を録音して、暗記物がうまく進んだという方がいらっしゃったら、是非ともご意見を伺ってみたいです。

 

結局、結構考えても上記の2案くらいしか思いつきませんでした。

 

映像を見るのは運転中でできませんし、なかなか難しいものですね。

 

とりあえず、上記の2番目の案を実行してみようとは思っています。

(早く学習に取り掛かれよ!自分!)

 

今回は通勤時間の活用法を考えましたが、それこそスマホのアプリですとか、ネット上の情報ですとか、うまく利用すれば便利なものがたくさん出回っていますよね。

 

せっかくなので、そういうものもうまく活用しながら、隙間時間などにも学習に励めるよう、工夫したいと思います。

 

また、思いついたら記事にしますね。

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

学習時間の確保(その1)

こんにちは。

その1、その2と、記事が続くかどうかも定かではありませんが、今回は学習時間の確保について少し書いてみたいと思います。

 

先日ご紹介しました、私が現在読んでいる中小企業診断士試験に向けての本

 

中小企業診断士試験最短合格戦略バイブル―サラリーマンだからこそ合格できる!

 

↑この本の中に、推奨される学習時間が書かれておりました。

 

この本で推奨されていた学習時間は・・・1次試験まで1300時間、2次試験まで300時間 計1600時間とのことでした。

 

一般的には1000時間くらいは確保しないといけないのでは・・・との声もありますので、どうやっても1000時間は確保したほうがよさそうです。

もちろん、時間の問題だけではないのですが、一応の目安としたいと思います。

 

今年の試験(8月5日・6日だったと思います。)までに1000時間、うーん・・・どー考えても、どー考えても、どんなに考えても無理だと思われます。

 

だからと言って、あきらめるわけにはまいりません。 なるべく時間を確保することを考えたいと思います。

 

そこで、私がフツ―に生活する中で苦も無く確保できそうな時間をここ1週間の生活の中で意識して、なんとなく考えてみました。まずは現状の把握からですね。

 

ウィークデー・・・仕事が終わり社員が帰った後の職場での時間が1時間ほど確保できます。(というか、意識して確保しようと思います。)その後、自宅に帰って夕食後、今も自由時間的な時間が1時間はあります。

あとは通勤時間です。通勤手段は車です。片道1時間程度で合計2時間。

 

ウェークエンド・・・現状、昼間はもっぱら家族と過ごしています。時間を確保するとすればやはり夕食後、子供たちが寝てからの2時間程度です。

昼間に時間が確保できないわけではないと思うのですが、無理やり家族との時間を犠牲にすることは、今のところ考えていません。学習を進めていく中で心境も変化するかもしれませんが、今のところは・・・という事です。

試験まで時間がない中で、全然切羽詰まった感がありませんが、上記の時間をしっかりと学習時間に充てられたら、次のステップという事にしたいなと思います。

 

実現可能な目標設定をし、達成感を得てから、次に進みたいのです。

 

まとめると、ウィークデー4時間を5日間、週末が土・日の両日で4時間 合計24時間ですか。

1か月が4週と考え計96時間になります。

 

これくらいであれば、あまり工夫とかをすることも無く確保可能です。

 

試験まで残り3か月ちょっとと考えると、約300時間。1000時間には全然足りません。

 

また、通勤時間を学習時間と捉えていますが、車を運転しているので、できることがかなり限定されると思われます。

この時間を、どう有効に使うかもかなりネックですね。

 

ここから、少しずつでも学習時間が確保できるよう、工夫していければと思います。

学習し始めてみて、いろいろと見えてくることもあると思いますので、進めながら時間の捻出について、検討していきたいと思います。

 

学習時間の確保については、やはり、「その2」以降も続きそうですね。

 

また気が付いたときに記事にしていこうと思います。

 

では。